銀行印と実印、認印、使い分けていますか?

はんこというのはとても大事なもので、特に日常においてお金の管理をする「銀行印」は、日常使用する印鑑の中でもお金の取り扱いをするために必要となりますので、非常に重要なはんこです。

ちなみに、「実印」をそのまま「銀行印」にしている方が多いのですが、それはあまりおすすめできません。
というのは、盗難、紛失の際には金融機関への相談はもちろん、市区町村においての印鑑登録廃止手続きや新たに印鑑登録申請をしなければならないからです。

その際にはそれなりの時間、手間暇が掛かってしまい、その間の取引の妨げになってしまう場合があるからです。

また、金融機関に登録されている印鑑が実印と推測されることも多く、実印を盗まれることがそのまま金融機関との取り引きへの悪影響を及ぼす場合も少なくないからです。

さらに、今の金融機関の印鑑照合システムは、印影をデータ化し、照合するシステムを採用していますので、実印の使用によって欠けたりすり減ったりした場合は違う印鑑だと判断される場合もあります。

認印を銀行印として使用されている方もいらっしゃいますが、様々な機会で使用する認印をそのまま銀行印とした場合は、印影を分析され、複製されることもありえます。

ですので、実印、認印の使用頻度が高い方は特に銀行印を別のものとして用意し、使い分けたほうが良いでしょう。
新たに用意し、使い分けるとは言っても、基本的に実印のサイズと変わらないサイズで大丈夫です。

また、今ははんこ専門店はもちろん、インターネットでもはんこの材質から書体、サイズ、様々な選択肢が用意されていますので、簡単に銀行印用のはんこの作成が可能です。

一般に、個人の方の銀行印は12〜15mm前後、法人用は16〜17mm前後のはんこを作成され、使用されていることが多い印象です。
銀行印は長期にわたって使用するもので、上に書いた理由のように耐久性を重視したほうがよいので、はんこはチタンをはじめとした金属で作成するのがいいと思います。

こだわりがあり、木材のものを使用したい場合は、その木材ではんこを作成した場合の耐久性を考慮したほうがいいでしょう。
トラブルを考慮し、銀行印は認印や実印と使い分け、銀行印と通帳は別の場所に保管するなど、銀行印はもちろん、通帳についても保管等のセキュリティ面に気をつけて下さいね。

 

 

参考サイト
はんこ屋大将オリジナル!黒水牛スワロフスキー印鑑