アトックスは原子力関連事業を行うエキスパート集団

■アトックスは福島復興に注力している

株式会社アトックスは原子力関連施設のメンテナンスを担っているエキスパート集団で、日本の原子力産業の草創期から半世紀以上の間、原子力関連施設のメンテナンスを行ってきたパイオニア的な存在の企業です。

この企業は民間で初めて原子力施設内に事業所を開設し、原子力施設における総合メンテナンス技術を開発し発展させた企業でもあり、原子力産業の歴史とともに歩んできたという歴史をもち、草創期から原子力産業を支えてきたのです。

この企業では、放射線管理や除染作業や放射性廃棄物処理などを行っており、原子力や放射線のあるところには株式会社アトックスの存在があるといっても過言ではないという企業なのです。

株式会社アトックスは福島復興事業をはじめ、原子力関連施設から放射性物質(RI)や医療事業関連業務など幅広い業務サービスを提供しているのです。

東日本大震災以降、この企業は福島復興に注力しています。

そして、福島復興を最大の使命と考えているのです。日本の原子力産業は福島第一原子力発電所の事故後に大きな試練に直面しています。

■アトックスは放射線技術を活かした医療機器の開発も行なっている

この企業は事故の直後から福島第一の現場に止まって、長年蓄積してきた経験やノウハウなどに基づいて事故炉の安定化や廃炉への取り組みに全力を尽くしています。

そして、今後も原子力の様々な問題解決に向け、提案を行ったり実践力を高めたりすることで、もっと高いレベルの仕事を受注し、完遂できるとういことを目標として業務が行われているのです。

そして、福島の復興と原子力発電所の再稼働に最大限に貢献できる企業に成長することを目指しているのです。

そして、協力会社などとともに約1300名体制で福島第一原子力発電所の放射線管理や町の除染作業に携わっているのです。
この企業は小型遠隔除染ロボットのRACCOONなどの技術開発を進めています。

2016年7月には発電所近くに福島復興支社を移設し、現場作業の効率化にも貢献しながら復興に向けた強い使命感をもって業務を行っているのです。

この企業のスローガンの、人×技術でNext Stageへ、ということを目標に常に新しい挑戦が続けられています。

さらに、株式会社アトックスではがんやアルツハイマー病などの疾患を早期診断するための放射線技術を活かした機器・機械なども開発しています。

頭部専用PET装置とよばれる医療器械の開発もなども含めて、今後も新たな付加価値を創造している企業です。

この企業は千葉県柏市の技術開発センターに拠点を構えています。

この拠点では現場に密着している安全で確実、かつ経済性の高い技術開発が進められています。

昨今は国内外の関係機関と技術協力や連携を行いながら、より高度な技術開発や新規分野の技術開発、そして人材育成などに取り組んでいます。

■アトックスは会社を挙げて福島復興を最優先課題としている

東日本大震災以降は福島第一原子力発電所廃止措置事業にも取り組み、原子力発電所や原子燃料サイクル・原子力研究施設、RI施設など、周辺地域の環境修復事業等で将来的に必要とされる技術開発を最優先に進めています。

具体的には、技術開発の拠点である技術開発センターでは、原子力施設の保守管理に必要とされる放射性物質の除染や洗浄技術の開発や、原子力施設などで発生する放射性廃棄物の処理と管理方法などの開発、原子力施設内の設備や機材汚染防護に関する技術の開発などが進められています。

さらに、点検や調査に関する工法開発やサービスの提供などがおこなわれています。

原子力施設や各プラントにおける点検や調査作業を支援する装置や工法については、作業の安全性向上と作業の効率化を目指した技術開発が行われています。

このようなこの企業の取り組みは、微力ながら日本の原子力産業再生につながることを願いながら行われています。

そして、人材育成やロボットなどを活用した技術力や実践力の強化、問題解決力の向上に努めているのです。

このように、この企業では全国の原子力関連施設において、会社を挙げて福島復興を最優先課題とし、福島第一原子力発電所の廃炉作業に多くの社員が携わっています。

例えば、PHOTO放射線量が高く人が立ち入れないといった場所で作業を行う小型遠隔除染ロボットのRACCOONなど、人×技術で福島復興に貢献しているのが株式会社アトックスです。

原子力発電所保守管理や原子燃料サイクル施設に関する業務、放射性廃棄物処理など原子関連施設における事業などを行っており、原子力発電所保守管理や原子燃料サイクル施設関連業務、放射性廃棄物処理やデコミッショニング・設備工事、空調ダクト清掃などの業務に携わっています。

また、RI研究施設支援業務として、研究所や病院等へ加速器や医療用PET(陽電子断層写真)の運転員派遣などを行っており、メンテナンスも含め、RI研究施設支援業務やPET治験薬製造業務などにも携わっています。

今後も電力会社や政府、自治体やメーカーなどと連携協力し、発電所内外の事態の収束や改善に最大限傾注していく企業です。