家族が逮捕されたらすぐに相談したい刑事事件専門の弁護士

逮捕

1.犯罪行為を認める嘘の自白をしてしまうケースも・・・

家族が突然逮捕され警察に拘留されてしまうと、警察署内の拘置所に拘束され本人と連絡を取ることは事実上不可能にあります。
警察署内では警察官による取り調べも行われ、あまりの厳しさに本人は肉体的にも精神的にも追い詰められていくでしょう。

すると極限状態の苦痛から逃れるために、犯罪行為を認める嘘の自白をしてしまうことになりかねません。
嘘でも一旦自白してしまえば、えん罪であっても裁判で濡れ衣を晴らすのは難しくなります。

近年は電車内での痴漢などえん罪事件も多数発生しているので、自分を守るすべを考えておかなければいけません。
もし家族が突然逮捕されてしまったら、慌てずに弁護士に相談しましょう。

弁護士は警察に拘留されている被疑者にとって、唯一の味方となる存在です。
接見を通して弁護士から黙秘権などの被疑者が持つ権利について説明を受けたら、取り調べへの対処法を聞くことができれば、気持ちは楽になるでしょう。

また弁護士や家族からの励ましがあれば、辛い取り調べにも耐えようとする気持ちが湧いてきます。
厳しい取り調べで追い込まれると虚偽でも自白して逃れたいと思いたくなりますが、弁護士のサポートがあれば戦い無実を証明することが可能です。

2.知識と経験が豊富な刑事事件を専門とする弁護士を選ぶ

ですから家族が突然逮捕されてどうして良いのかわからないときには、弁護士に相談しなければいけません。
しかし一口に弁護士といっても、それぞれの専門分野は大きく異なります。

例えば離婚や遺産相続など民事事件に強い弁護士に相談をしても、刑事事件で逮捕された人物をサポートするのは難しいでしょう。
分野も違えば法律の知識も違ってきますし、依頼者をサポートするために必要なノウハウも異なってきます。

相談をするときには、必ず知識と経験が豊富な刑事事件を専門とする弁護士を選ぶようにして下さい。
逮捕は現行犯など突然行われることもありますが、事前に察知できる場合もあります。

浅野総一郎逮捕より引用

例えば交際相手に暴行を加えて診断書とともに被害届を出された、告訴・告発されたときなどは、現行犯でなければ警察に捕まることはありません。
その場合は警察が捜査を行いある程度容疑が固まってから、勾留されることになります。

こうした事態に陥ってしまったときも、迅速に弁護士に相談しましょう。
弁護士は刑事事件の捜査段階からサポートをしてくれるので、事件の捜査対象者となった場合も適切なアドバイスをしてくれます。

3.突然の出頭要請や家宅捜索でも適切なアドバイスをもらえる

具体的に交際相手に暴行を加えた場合、示談を持ちかけ被害届を取り下げさせることが可能です。
もちろん相手が応じなければ示談は成立しませんが、第三者の弁護士が間に入ることにより可能性は高められるでしょう。

また警察による捜査が始まると、突然出頭要請や家宅捜索が行われることもあります。
出頭要請や家宅捜索は犯人が犯罪の証拠を隠蔽するので、本当にある日突然やってきます。

事前に刑事事件の捜査対象に含まれていることに気づけていれば、こうした突然の事態にも対処できるアドバイスを弁護士からはもらえるでしょう。
他にも弁護士は、依頼者とともに警察に出向き同席して事情聴取に応じることもできます。

同席の事情聴取は警察が認めなければ実現できませんが、許可が下りなくても弁護士が一緒にいると言うことがわかるだけで、警察の対応は大きく変わってきます。

高圧的な態度で自白を迫る取り調べをしていた警察官も、バックに弁護士が付き添っていることがわかれば態度を改めることもあるので、対等な立場で取り調べに挑むことが可能です。

4.警察官の誘導に乗って不利な立場に追い込まれることもなくなる

また事情聴取や取り調べの前に綿密な打ち合わせを弁護士と行っておけば、警察官の誘導に乗って不利な立場に追い込まれることもないでしょう。
さらに警察は十分な証拠がないままに捕まえて拘留してから、取り調べで自白を取ろうとすることもあります。

こうした場合は素人一人では太刀打ちできませんが、弁護士がいれば証拠が不十分であることを突きつけつつ、警察の不当な行為と訴えることも可能です。

無実だと律そうする証拠があればそれを元に容疑を晴らすことも可能ですから、警察に捕まえる前から様々なサポートを受けることができます。
日本では一旦警察に捕まり拘留されてしまうと、長期間に及びやすく立場はどんどん不利になります。

被害届が出されたり告訴状が提出されたりなど、もし事前に予兆を感じ取っているならすぐに専門家に相談するのがベストです。
刑事事件の専門家である弁護士に相談しておけば、警察の捜査にも適切に対応可能で長期間拘留されることもありません。

最初から不利な立場ではなく対等な立場で臨むことができれば、例え裁判になっても無罪を勝ち取れる可能性は高まるでしょう。
もし犯罪に巻き込まれるなどして突然逮捕されたときも、すぐに専門家を頼れば挽回の余地は残されています。

時間が経てば経つほど基本的に警察が有利になってしまうので、家族が早めに相談しサポートを受けるのが最もベストな方法です。