格安SIMで割安の料金プランを利用しよう

格安SIMは通信プランを格安で使うことが可能

通信サービスを提供している会社には、通信設備を自社で準備している大手キャリアがあります。

大手キャリアの魅力は、通信設備が整っているため安定した情報のやり取りを行うことができる点にあります。

途中でデータの遅延が生じる可能性も低く、突然回線を利用することができなくなることもほとんどありません。

ただ、こうしたキャリアのサービスには弱点も存在します。

それは、消費者が利用するには基本料金が高く設定されすぎていることです。

通信技術が発達してからは、通信設備やそれに伴う人件費などのコストを考慮しなくてはならなくなったため、基本料金の相場が大きく上昇する結果になりました。

便利なサービスを利用できる一方で、消費者が負担しなくてはならない金銭が増えたわけです。

キャリアは、サービスが充実しているメリットはありますが、料金プランを消費者自身でなかなか決めることができない弱点もあります。

そのため、キャリアとは別の格安のプランの登場が期待されていました。

そこで登場したのが、格安SIMというサービスです。

格安SIMは、大手キャリア以外が提供する通信サービスのことで、文字通り通信プランを格安で使うことが可能です。

料金プランを安く設定でき、自由な料金プランを選択できる

スマモバなどの格安SIMを提供する会社は、キャリアから通信インフラを借りてサービスを実施していますので、通信インフラに対するコストが必要にならないというメリットがあります。
・最新情報:スマモバ料金

その分、消費者に対する料金プランを安く設定するように工夫をしており、消費者の目的によって自由な料金プランを選択できます。

キャリアの平均的な相場は6000円から7000円程度だと考えられていますが、格安SIMの場合は2000円前後の料金プランに設定することも可能です。

ただ、一つだけ注意をしなくてはならないのは安くしてくれる代わりにサポートに関してはあまり期待できないという点です。

通信インフラを整備してないだけではなく、携帯端末の利用に関する十分なサポートも存在しません。

つまり、購入した携帯端末の扱いに関してはすべて自分で責任をもって設定をしていく必要があります。

こうした人件費にコストを使わない側面があるからこそ、格安SIMでは安いサービスを実現させているのです。

メリットは大きな縛りや制限もない

また、こうした安いサービスを提供できる会社には大きな縛りや制限も存在しません。

これは、利用する消費者にとっては非常に大きなメリットになります。

そもそも、キャリアのサービスには契約の時にいくつかの問題点が存在します。

例えば、契約における縛りに関してです。キャリアと契約をして携帯端末を利用する場合には、その会社で最低でも2年間は継続的に利用することが求められます。

2年間継続的に利用できなかったときには、違約金をキャリア側に支払わなくてはならないこともあるため注意が必要です。

こうした縛りを二年縛りなどといったりしますが、格安でサービスを提供する業者ではこうしたこともありません。

そもそも、SIMの契約をするときに店舗に行く必要がなく、インターネットから申請を行うことが可能です。

期間契約が存在しないので、自分の好きな時間だけ契約をすることが可能です。

肝心の料金プランに関しては、データ容量ごとに設定されているのが基本です。

通信データに関しては、それを利用する人にとって大量に使う場合と全く使わない場合に分かれます。

日頃からあまりインターネットを利用しない人にとっては1GB程度の容量で済みますし、毎日動画サイトなどを見る人にとっては大きな容量で契約をしなくてはいけません。

容量が小さいほどより料金も小さくなるため、この点はわかりやすいと言えます。

この使用容量の決め方に関しては、自分の生活態度に合わせてきちんと正確に考えておく必要があります。

キャリアから通信インフラを借りている業者は、容量ごとに速度制限を設けています。

契約したとき以上の容量を使ってしまった場合には、それ以後の通信に関しては非常に速度が遅くなってしまう処置がとられます。

翌月になるとこのペナルティは解除されますが、通信速度の制限があると快適にインターネットを楽しむことができないため、自分に合ったプランを選択することが何よりも大切です。

また、格安SIMに乗り換えるための方法は、難しくありません。

従来までは、個人情報やその識別情報が入っていたSIMカードは、外部に流用されないようにロックがかけられていました。

しかし、SIMロックに関する規定が2015年に変わってからは消費者の申請があったときにそれを解除しなくてはならないようになったのです。

キャリアと契約をしていたとしても、格安のサービスを利用したいと考える場合には簡単にSIMの情報を移行することができます。

実際に、SIMロックの解除が通達されてからキャリアも手続きをスムーズに行わなくてはならないようになっているため、消費者から申請を行えばきちんと手続きの方法を教えてくれます。