板金塗装ってどんな工程があるの?

板金塗装を業者に頼むとしても、自分で行うとしても気になるのが工程について。

自分でやるなら工程について熟知していなければいけませんし、業者に依頼するにしてもどのような工程を経て愛車が生まれ変わっていくのかを知りたいと思うものでしょう。

そんな気になる板金塗装の工程について、大まかに説明していきます。

■下地

まずは下地です。
仕上がりをより綺麗に見せるために、下地をきっちりと行わなければいけません。

女性の化粧と同じで、下地がきっちりとされていなければ上塗りのノリが悪くなってしまい、不細工になりますからね。
下地がちゃんとされていないと、どんなに良い素材と材料・研磨剤を使ったとしても、綺麗に見えません。

修理する箇所をしっかりと見極め、傷だけでなく、その周辺もしっかりと磨きます。
下地の段階で、板金のでこぼこがほとんどなくなる程度まで磨かれますよ。

■水洗い

下地が済んだら、磨いた時にできた金属粉を落とすためにも水洗いをします。

水洗いのときに、下地処理用のシャンプーやコンパウンドシートなどを使って磨いた周辺の汚れを落とすというのも大切ですね。
できるだけ全体的に見たときに仕上がりが綺麗に自然に見えるように大切な工程です。

■いろいろなスプレー

次にシリコンオフをスプレーします。
スプレーしたら、なるべく汚れもほつれもない綺麗なタオルで油を拭き取り、マスキング。

マスキングというのは色を塗らない部分にテープなどを貼っておくことを言います。
マスキングが済んだら、バンパープライマーをきっちりとスプレー。

このバンパープライマーは傷の部分だけにしましょう。
スプレーが乾燥したら、いよいよ塗装。

■塗装

カラースプレーを吹きかけて塗装します。
塗装のとき、手首にスナップをきかせて万遍なく塗るのがコツ。

カラーペイントの後は、クリアーを塗って、ボカシ剤をつかって周りと色をなじませれば板金塗装は終了です。

■工程がわかったところで

工程がわかったところで、自分でやるか、業者に頼むかを決めましょう。
「これなら自分でもできそう」と思ったら、自分でやるほうがはるかに安上がりですよ。
ちょっとでも不安なら、業者に頼んだほうが良さそうです。

大阪で板金塗装なら吹田の元重オートボディー
画像引用:motoshige-auto.com

私の知り合いが板金塗装 大阪でもう長いこと修理やってるんで、良かった覗いてあげてください^^