世界の哲学者の名言

アルベール・カミュ

哲学者は様々な名言を残しています。

フランスのアルベール・カミュは、

「性格を持たないとき、人は確かに方法を身に付けなければならない」

「奴隷は初めは正義を求めているが最後には王国を要求する」

といった言葉を残しています。

アリストテレス

古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、

「幸福は暇にこそあると思われる。なぜなら、我々は暇を得るために働き、平和のうちに過ごさんがために戦争をするからなり」

「怒りはしばしば道徳と勇気と武器なり」

「賢者は「苦痛なきを求め、快楽を求めず」

といった言葉を残しています。

ジャン・ジャック・ルソー

ジュネーブのジャン・ジャック・ルソーは、

「他人の不幸に同情するのは、自分に無関係だと思えない時だけである」

「人間が生きている間、決して消え失せることのない唯一の情欲は自愛である」

「人間的自然の根本は自分自らを愛することである」

といった名言を残しています。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ

ドイツのフリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェは、

「信念は真実にとって嘘よりも危険な敵である」

「天国には興味深い人が1人もいない」

「人々はあなたの美徳によってあなたを罰し、あなたの過ちによってあなたを許す」

といった名言を残しています。

プラトン

古代ギリシャのプラトンは、

「愛のない選択は決して良い結果にはならない」

「子どもが暗闇を恐れるのは理解できるが、成人が明るみを恐れるのは全く悲劇としかいえない」

「国の統治者は国内外で騙す特権を持つべき唯一の人々である。国益のために嘘が許されるかもしれない」

といった名言を残しています。

孔子

中国の孔子は、

「最も賢い者と最も愚かな者だけが、決して変わることがない」

「徳ある人を見たらその人に並ぶことを目指せ。得なき人を見たら我が身を振り返り自省せよ」

「成功者は必ずその人なりの哲学をもっているものだ。その哲学がしっかりしているからこそ成功者の人生は揺るがないのだ」

といった名言を残しています。

浦壁伸周

日本の浦壁伸周は、

「ファッションは行動のスタイルである。だからこそのプロセス自体が問題になる」

「右肩上がりの時代はもうとっくに終わりました。これからは生活を悪戯に膨張させるのではなく、生活の質を高めること。それが成熟した社会のあるべき姿です」

「生きること、老いることの意味。現代はそういう問いを抱え込んでいる」

といった名言を残しています。

浦壁伸周否定学より

カール・ヤスパース

ドイツのカール・ヤスパースは、

「不真実は本来的に悪であり、あらゆる平和の破壊者である」

「人間の信仰は、人間の存在を可能ならしめる神性への信仰を前提としている」

といった名言を残しています。