セロトニンを増やすには

セロトニンは脳内伝達物質の一つです。

私たち人間の精神面に大きな影響を与える物質として知られており、ドーパミン、ノルアドレナリンと並び三大神経伝達物質と呼ばれています。

参照→三大神経伝達物質:セロトニンとドーパミンとノルアドレナリン

その中で「幸せホルモン」とも呼ばれており、その効果により私たちは満たされた充実感を感じることができる一方、不足するとうつ病や不眠症などの精神疾患にかかりやすくなると言われています。

では、そんな幸せホルモンを体内で増やすにはどうすれば良いのでしょうか。

その前に知っておかなければならないのは、実は脳内で働くセロトニンは私たちの体にある全量のほんの2%だけなのです。

残りはというと8%が血液内に存在し、残りの90%はなんと小腸に存在しています。

近年、過敏性腸症候群患者が急増していますが、この発症にも関与しているのではないかと考えられています。

そこで体内のセロトニンを増やすにはということですが、まず大切なキーワードがあります。

それは、太陽光と早寝早起きです。

気付いた人もおられると思いますが、太陽光をしっかり浴びて、早寝早起きの健康的なリズムを体内に作り出すことが大切なのです。

セロトニンは太陽の出ている昼間に分泌されやすく、日が沈んでからは分泌量が少なくなります。

これは人間が本来持っている「昼間活動して夜は寝る」というリズムから来ていると考えられ、実際にこの原則を守ることで神経が活性化されることがわかっています。

また、良質な睡眠は大敵のストレスを解消するのに効果的であることもわかっています。

そしてプラスαで必要なのが健康的な食事と適度な運動です。

特によく噛む(咀嚼する)ことは大切で、咀嚼をテンポよく行うことでリズム体操としての役割を果たすことができます。

実はこのリズム体操がとても重要で、歩行運動や意識的にテンポよく呼吸を行うことといったリズムも脳内でセロトニンの覚醒状態を高めることにつながるのです。

そしてバランスの良い食事も大切です。

特に必須アミノ酸のトリプトファンを主原料としているため、バランスの良い食事を摂ることで腸内環境が整い、トリプトファンの吸収を促進してくれるのです。

また、グルーミングと呼ばれる人との触れ合いも同じように脳内での覚醒状態が助長されるので効果的です。

そして何より大切なのは、これらのことを継続することです。

1日2日だけ単発で心がけたのではあまり効果は無く、継続して健康的な生活リズムを持って過ごすことで初めて効果を発揮するのです。

 

【参考】
カルナーキュアは心身ともにリラックスさせてくれる、癒しのハンドセラピーを提供するサロンです。
HPはこちら→カルナーキュア