スーツケースの修理は自分でやるか業者に頼むか?

頑丈なイメージがあるスーツケースですが、残念なことに形ある物はいずれ壊れるの言葉通りに、スーツケースも使っていれば壊れてしまう場面が出てくるのです。
使う機会がなければそこまで考える必要はありませんが、普段から海外旅行を初めとして外国に行く用事がある人はスーツケースを頻繁に使うことになり、壊れる時が来るでしょう。

もし壊れてしまったのであれば修理をする必要がありますが、ここでスーツケースを修理する方法としては自力で修理をするか、業者に依頼するかのどちらかを選ぶことになります。ではどちらで修理するのがいいのでしょうか。

単純に答えてしまえばスーツケースの修理をするのであれば業者一択となります。
何故ならスーツケースの修理は素人でどうにかできるものではなく、相応の知識と技術が必要となるからです。
本人がそれを持ち合わせているのであれば話は別ですが、まずスーツケースを修理する技術や知識を持ち合わせている人はほとんどいないでしょう。

破損の具合が軽ければ自分自身でも修理をすることはできますが、その修理は完全なものにはできず、むしろ素人が下手に手を加えたことでスーツケース自体の劣化が早まる場合があります。
更に壊れた場所が場所な場合には、スーツケース全体が既に劣化している可能性があり、軽い破損自体がスーツケースの危険シグナルを示していることもあります。
そのため簡単な修理で終わっても、少し経てばそれでは不可能な破損が出てくる場合もあるのです。

頻繁に使わないのであれば個人が軽い修理して終わらせてもいいかもしれませんが、使用頻度が高ければ素直に業者に依頼した方がいいです。
もちろんスーツケース自体が高額であるために修理にかかる費用も高くなるのは避けられません。
そこは覚悟をしておく必要があります。

場合によっては本人がスーツケースを修理するだけの知識と技術を身に付ける方法もあるのですが、当然のことながら時間も費用も別の意味でかかってしまうためやめた方がいいでしょう。

 

 

スーツケース修理 専門業者
スーツケースの用途別サイズ・大きさの選び方