浄水器?ウォーターサーバー?

近年、老若男女問わず飲料水にこだわる人が増えてきている。
国産品、輸入品、硬水、軟水、炭酸水、フルーツの風味がついたものまで実に幅広い。

家庭でも、健康や美容のために、といった理由で水道水のあり方について考える人が増えたようで、売上を伸ばしているのがウォーターサーバーだ。

しかし、ウォーターサーバーは高いというイメージがあり、また、設置場所が必要なので、手を出せずじまいな人も多いのが現実である。
一度設置するだけで、蛇口をひねれば美味しい水が飲める浄水器を使用した方が良いと思う方もいるだろう。

そこで、ウォーターサーバーと浄水器はどちらの方が得なのか、それぞれの特徴を比較してみました。

<浄水器>

浄水器の場合は、水道水をフィルターでろ過することによってお金を掛けずに、手軽に美味しくて質が高い水を飲むことができる。
最近では、元々水道の蛇口に内蔵されているキッチンもあるようだが、一般家庭では新たに本体を購入して設置することが必要になってくる。

その本体を購入する時に費用が掛かるのはもちろん、定期的にフィルターを交換する必要がある。
本体及びフィルターの価格はメーカーによっても異なるが、本体だけで1万円程度、フィルターで3~5千円程掛かる場合もあるからよく比較する必要がありそうですね。

浄水器はほとんど費用が掛からないと思っている人もいるが、安全で美味しいお水を長く飲むために、定期的なメンテナンスが必要であることを知っておいてもらいたい。

<ウォーターサーバー>

ウォーターサーバーの場合は、サーバーのレンタル料が無料のメーカーも多い。
最近では、メンテナンス料金が掛からないというサービスを提供している業者も多く、浄水器のようにフィルターなどの交換も不要である。

しかし、決められた曜日に担当の方が、水の入った容器を玄関先に持ってきてくれて、空の容器を回収するというシステムなので、空になった容器を玄関先に置いておく必要がある。

ウォーターサーバーを利用する際には、サーバー台を設置する場所と、スペアの容器を置いておく場所、容器を運びいれる体力を確保できる家庭であることが大前提となる。

価格自体は長い目でみるとそんなに変わらないかもしれないが、それぞれのライフスタイルに合わせて比較検討してみる必要がありそうだ。

参照:メンテナンスフリーの水処理装置 エルセG